xinetd
xinetd:
RedHatLinux7から導入されたスーパーデーモンのこと。

普段、あまり使わないサービスをxinetd経由にしておくと、ポートを監視して、クライアントからの接続があった場合のみ、サービスを立ち上げてくれる。
メモリなど負荷が軽減する。



【デフォルト設定】
/etc/xinetd/xinetd.conf


defaults
{
instances = 25
log_type = FILE /var/log/servicelog
# log_type = SYSLOG authpriv

log_on_success = HOST PID
log_on_failure = HOST RECORD
per_source = 5
}




【xintd経由のサービス設定】
/etc/xinetd/xinetd.d/xxxx


EX)telnetの例
service telnet
{
disable = no
protocol = tcp
socket_type = stream
wait = no
user = telnetd
server = /sbin/in.telnetd
only_from = 192.168.0.0/24
#no_access = 192.168.1.1
}


only_fromによって、アクセスの制御を行える。
no_accessによって、特定のネットワークからの接続を拒否できる


【実行】
#service xinetd restart
#/etc/rc.d/init.d/xinetd restart


【結果】


xinetd を停止中:[ OK ]
xinetd を起動中: [ OK ]


[PR]
by p0210029 | 2005-08-08 04:25 | 自宅サーバー導入メモ
<< 死なせてあげる Apache関連1 >>